SEOのことなら、SEO-Lectureにお任せください!

SEO-Lecture

SEO-LectureContents

SEOとは?

SEO対策

リンクへ対する認識

スパム行為

SEOと企業

ここまでの説明で、SEOとは検索エンジンに対してサイトのページを最適化して、キーワード検索結果で上位に表示させる事というのは理解できたと思います。このSEOをいち早く取り入れ始めたのが有名企業のサイトです。

インターネットの普及とSEO

インターネットの普及が始まり、これまでのTVCMやラジオ番組等の宣伝から、インターネット上での宣伝へシフトする(もしくはネット宣伝も取り入れる)際に、より宣伝効果を高めようと大手企業がSEOを導入し始めます。各企業にとって、SEOは顧客数に直接関わってくる大きな問題であることから、色々な企業がSEO専門チームを作り、自サイトを検索結果の上位に、1ページ目に表示させようと競い合って今日まで来ました。他の企業サイトの検索結果を上げるために、SEOを専門とする別の企業が生まれて来たほどです。その為、中小企業が自サイトを立ち上げてもSEO対策を施さないことには、上位に表示されることは凄く難しいものになっています。

SEO乱立時代

SEOの事がある程度世に広まってくると、常識的に考えて正しいといえないSEO最適化が始まります。(軽く説明しておきますと、検索エンジン側のサイト登録サイトに膨大な数のサイトを登録し始めたり、サイトの背景色と同じ色でテキストを書いてキーワードを埋め込みまくったり等、スパム行為と呼ばれるもの。)検索エンジン側サイドと、SEO企業とのいたちごっこが始まります。これに対し、検索エンジン側サイドはスパム行為を行っているサイトを排除しはじめたのである。

正しいSEOが求められる時代

検索エンジンがサイトのテーマに沿った正しいSEOをしっかり判断するようになってきたが、ひょっとしたら、まだまだSEOに対するいたちごっこは続いているのかもしれない。